選択する

大きな家

建てる人の理想をより叶えてくれるのが注文住宅という建築方法です。
とはいえ注文住宅は戸建ての住宅を購入するよりもより情報や知識が必要になります。
ハウスメーカーなどでは営業担当や住宅の仕様を決めるコーディネーター、設計を行う設計士など様々な分野の人が一軒の住宅を担当します。
そんな中よく発生するトラブルは図面と現場の仕様が異なるということです。
こういったことが発生する原因には図面を作成する人が現場の仕様を理解していない、チェックする人がいない、現場で施工した職人が図面を理解していないということが考えられます。
さらに現場監督あるいは現場監理者が現場を確認していないケースも少なくありません。
そういったことが分かり改善されない場合は必要ならば第三者の検査機関を導入しそういった人に現場をチェックしてもらう必要もあるのです。

電気配線図のコンセントやスイッチの位置に関するトラブルが多いのです。
柱はあらかじめ場所が決められていてその位置を移動することはできません。
一方で窓やドアなどの建具は場合によっては数センチから数十センチの間で自由に配置することも可能です。
しかしこういった配置は設計図の段階で行っておかなければなりません。
現場では図面通りに作業がされコンセントなどの電気配線は建具や窓の大まかな施工がなされてから行われます。
そうすると変更するとなると二度手間となり場合によっては後から行う電気工事のコンセントなどの場所を施主の了承なしに変更してしまうのです。
こういったことが分かった場合には早急に建築会社の人に確認する必要があります。
窓や建具の位置を変更することで対処が可能な場合は対応してもらう必要があります。
しかしもともとそこに設置できないのに無理に設置を依頼すると柱を削って無理やりつけるなど弊害がある場合もあります。
専門の知識を持った人に図面を見てもらうなどしてリスクを判断する必要があります。